Documentation

Liferay Faces Alloy

Liferay Faces Alloyは、.jarファイルで配布されます。 Liferay Faces Alloyをポートレットプロジェクトへの依存関係として追加して、JSF開発と一貫した方法でAlloyUIを使用できます。

注釈

AlloyUIはLiferay DXP 7.2で廃止予定になりました。

Liferay IDE/Developer StudioでのJSFポートレットの作成中に、ポートレットのJSF Component Suiteを選択するオプションがあります。 オプションには、 JSF標準ICEfacesPrimeFacesRichFaces 、および Liferay Faces Alloy があります。

ポートレットのセットアップ中にLiferay Faces Alloy JSF Component Suiteを選択した場合、.jarファイルはポートレットプロジェクトに含まれています。

Liferay Faces Alloyプロジェクトは、AlloyUIを利用する一連のUIコンポーネントを提供します。 たとえば、サポートされているaui:タグのいくつかの簡単なリストを以下に示します。

  • 入力:alloy:inputTextalloy:inputDatealloy:inputFile

  • パネル:alloy:accordionalloy:columnalloy:fieldsetalloy:row

  • 選択:alloy:selectOneMenualloy:selectOneRadioalloy:selectStarRating

YUI3に基づくLiferayのAlloyUIテクノロジーを利用する場合は、Liferay Faces Alloyの.jarファイルをJSFポートレットプロジェクトに含める必要があります。 JSFポートレットのセットアップ中に Liferay Faces Alloy を選択した場合、プロジェクトでLiferay Faces Alloyが事前構成されているため、alloy:タグを自動的に使用できます。

ご覧のとおり、LiferayのAlloyUIタグを使用するようにJSFアプリケーションを構成するのは非常に簡単です。