Documentation

ディスパッチUIリファレンス

ディスパッチのトリガー

ディスパッチタスクを表示、作成、および管理します。

[Dispatch Triggers]タブには、Liferayインスタンスに追加されたすべてのディスパッチタスクが一覧表示されます。

追加Add Button)をクリックして、ディスパッチタスクエグゼキュータテンプレートを使用してディスパッチタスクを作成します。

作成すると、ディスパッチタスクごとに次のフィールドが表示されます。

項目

説明

名前

ディスパッチタスクの名前

Task Executor Type

ディスパッチタスクの作成に使用されるディスパッチタスクエグゼキュータテンプレート

システム

システムタスクかどうかを示します

作成日

ディスパッチタスクが作成された日付

次の実行日

ディスパッチタスクの次回の実行予定日

ステータス

ディスパッチタスクの最新の実行ステータス(例: SuccessfulFailed

今すぐ実行

ディスパッチタスクを手動で実行するためのボタン

ここから、ディスパッチタスクをクリックして、次の詳細と構成オプションにアクセスします。

[詳細]タブ

ディスパッチタスクの一般的な詳細を表示および編集します

フィールド

説明

名前

ディスパッチタスクの名前を表示/編集します

Settings Editor

ランタイム時にディスパッチタスクに挿入されるプロパティを定義するためのコードエディタ

[Talend]タブ(Talendディスパッチタスクのみ)

Talendジョブアーカイブファイルをアップロードします。

Talend ジョブアーカイブ .zipファイルをディスパッチタスクにアップロードします。

[Logs]タブ

選択したディスパッチタスクのログを表示および削除します。

ディスパッチタスクの ログ を表示および削除します。 [Start Date] , [ランタイム] , [Trigger] 、および [Status] が含まれます。

フィールド

説明

開始日

実行開始時のタイムスタンプ

ランタイム

実行期間

Trigger

実行されたディスパッチタスクの名前

ステータス

実行ステータス(例: SuccessfulFailed

ログエントリをクリックすると、実行時のエラーと出力も確認できます。

[Dispatch Trigger]タブ

ディスパッチタスクの実行をスケジュールするようにディスパッチトリガーを構成します。

ディスパッチタスクの実行をスケジュールするようにディスパッチトリガーを構成します。

フィールド

説明

有効

設定された実行スケジュールがアクティブか非アクティブかを決定します

Task Execution Cluster Mode

ディスパッチタスクをクラスター環境の 単一ノード で実行するか、 すべてのノード で実行するかを決定します

Overlap Allowed

ディスパッチタスクの同時実行を許可するかどうかを決定します

Cron式

ディスパッチタスクを自動的に実行するための時間間隔を定義します

開始日

cronスケジュールに従ってディスパッチタスクの実行を開始するタイミングを定義します。デフォルトでは現在の日時に設定されます

無期限

ディスパッチタスクの自動実行を終了するかどうかを決定します。デフォルトではオンになっています

終了日

ディスパッチタスクの自動実行を終了する日時を定義します。 [Never End] がオンになっている場合は無効です

スケジュールジョブ

MessageListenerインターフェイスを使用してスケジュールされたすべてのジョブを表示します。

このページでは、MessageListenerインターフェイスを使用してLiferayインスタンス全体でスケジュールされたすべてのジョブのリストをコンパイルします。

フィールド

説明

名前

スケジュールされたジョブの完全な名前

システム

システムジョブかどうかを示します

次の実行日

ジョブの次回の実行予定日

ステータス

ジョブの状態(例:NORMALPAUSED

今すぐ実行

ジョブを手動で実行するためのボタン

Pause/Resume

ジョブを 一時停止 / 再開 するオプション。アクションボタンからアクセスできます