Documentation

Liferayサービスへのデプロイ

他のサービスと同様に、カスタム追加のデプロイには、設定やファイルをGitリポジトリの適切な場所に追加する必要があります。 しかし、Liferayサービスのデプロイは、他のサービスのデプロイとは若干異なります。

Liferayサービスは、Liferayワークスペース を利用して、 デプロイ可能なファイルソースコードなどを追加するためのオプションを提供します。 These are easily included with a CI build, but if you are using the CLI tool, then some extra steps are necessary specifically for the Liferay service.

Liferay DXP Dockerイメージの定義

Liferayサービスイメージ(他のサービスと同様に LCP.json ファイルで定義されています)は、Liferay DXP Dockerイメージと同じではありません。 Liferay DXP Dockerイメージは、Liferayサービスで動作するLiferayの正確なバージョン(フィックスパックを含む)を決めます。 これは、liferay.workspace.docker.image.liferay プロパティと一緒にリポジトリの liferay/gradle.properties ファイルで定義されています。

Liferay DXP Docker tags をチェックして、お使いのDXPのバージョンに合ったイメージを見つけてください。

重要

Liferayサービスの「LCP.json」ファイルの「image」プロパティで定義されたDXPのメジャーバージョン番号は、「liferay/gradle.properties」の「liferay.workspace.docker.image.liferay」プロパティのメジャーバージョンと一致していなければなりません。 2つが異なる場合、Liferayサービスはデプロイ後に起動に失敗する可能性があります。

CLIツールの展開

CLIツール を使用してデプロイする場合、カスタマイズや設定を考慮してデプロイするために追加の手順が必要です。 これらは、デプロイする前に生成される特別な Dockerfile イメージに含まれている必要があります。

デプロイ可能なファイルビルドされたソースコードホットフィックス 、および ライセンス は、CLIツールを使用している場合、デプロイに含めるための追加手順が必要です。 これらの追加手順は、 CIサービス を使用してリポジトリからビルドを生成する場合には必要ありません。

通常通りCLIでLiferayサービスをデプロイした場合(全てのサービスを一度にデプロイした場合や、 liferay/ ディレクトリからデプロイした場合)、DXPイメージの デフォルトバージョンLCP.jsonで定義されているメジャーバージョンを使用)がデプロイされますが、その中にはお客様のカスタマイゼーションは含まれていません。 これは、カスタマイゼーションしたものをサービスに含めるためには、そのサービスを具体的に構築してデプロイする必要があるからです。

以下の手順で、カスタマイゼーションを含んだLiferayサービスをデプロイします:

  1. liferay/ ディレクトリのコマンドラインから、以下を実行します:

    gw clean createDockerfile deploy
    

これにより、カスタマイズしたものをすべてビルドし、 build/liferay/ サブフォルダに配置します。 また、DXPのカスタマイズバージョン専用の Dockerfile を追加します。

  1. 新しく生成したbuild/docker/サブフォルダにLCP.jsonファイルをコピーします。

  2. このサブフォルダから通常通り lcp deploy コマンドを実行します。

これにより、デフォルトバージョンではなく、カスタマイズされたサービスがデプロイされます。

テーマ、ポートレット、およびOSGiモジュールのデプロイ

テーマ、ポートレット、またはOSGiモジュールをインストールするには、Liferay DXPサービスディレクトリ内の configs/{ENV}/deploy/ フォルダにWARまたはJARファイルを含めます。

例えば、カスタムJARファイルを開発環境( dev/ 環境フォルダを使用)にデプロイする場合、Liferay DXPのサービスディレクトリは以下のようになります:

liferay
  ├── LCP.json
  └── configs
      └── dev
          ├── deploy
          │   └── com.liferay.apio.samples.portlet-1.0.0.jar
          ├── osgi
          ├── patching
          ├── scripts
          └── portal-ext.properties

デプロイされると、 configs/{ENV}/deploy/ ディレクトリ内のファイルは、Liferayサービスのコンテナ内の $LIFERAY_HOME/deploy/ フォルダにコピーされます。

注釈

リポジトリでバージョン 3.x.x のサービスを使用している場合、テーマ、ポートレット、OSGi モジュールは、代わりに適切な 「lcp/liferay/deploy/{ENV}」フォルダに属します。 バージョンの確認方法については, サービススタックのバージョンについて を参照してください。

ソースコードのビルドとデプロイ

新しい追加のソースコードをCIビルドに含めることもできます。 ビルドが開始されると、ソースコードが自動的にコンパイルされます。

CIビルドは、これらのフォルダー内のソースコードをコンパイルします:

  • 新モジュール用の liferay/modules フォルダ

  • カスタムテーマ用の liferay/themes フォルダ

  • デプロイされたWARの liferay/wars フォルダ

注釈

バージョン3.x.xのサービスを使用している場合、これらのサブフォルダは、「liferay/」ディレクトリにではなく、リポジトリのルートに配置されます。 バージョン確認の詳細については、 サービススタックのバージョンについて を参照してください。

デプロイしたら、デプロイ可能な .jar または .war ファイルはLiferayサービスのコンテナ内の$LIFERAY_HOME/デプロイ/フォルダにコピーされます。 これは、CIのビルドがコードをコンパイルする場合と、デプロイ前に利用可能な Gradleコマンド を使用して自分でコードを生成する場合のどちらでも発生します。

Hotfixのデプロイについて

ホットフィックスを適用するには、ホットフィックスのZIPファイルをLiferay DXPサービスディレクトリ内の configs/{ENV}/patching/ フォルダに追加します。 この変更を展開すると、ホットフィックスがLiferay DXPインスタンスに適用されます。

注釈

これらの指示を参照して、代わりにLiferay DXPの新しいマイナーバージョンにアップデートしてください(新しい サービスパック など)。

たとえば、次のような構造を持つホットフィックスを開発環境にデプロイできます:

liferay
  ├── LCP.json
  └── configs
      └── dev
          ├── deploy
          ├── osgi
          ├── patching
          │   └── liferay-hotfix-2-7110.zip
          └── scripts

サーバーが起動するたびにホットフィックスを再適用する必要があることに注意してください。 このため、 LCP.json ファイルでLiferay DXP Dockerイメージの最新のフィックスパックまたはサービスパックに更新することは、このフォルダーに多数のホットフィックスを長期間追加するよりも優れています。 このファイルの image環境変数を置き換えることにより、Dockerバージョンを更新できます(liferay/ディレクトリで)。

注釈

バージョン3.x.xのサービスを使用している場合は、代わりにホットフィックスが「lcp/liferay/hotfix/」フォルダに追加されます。 この場合のDockerイメージのバージョンは、リポジトリの 「gradle.properties」ファイルにある 「liferay.workspace.lcp.liferay.image」プロパティで定義されます。 バージョン確認の詳細については、 サービススタックのバージョンについて を参照してください。

環境変数によるパッチ適用

ホットフィックスをGitリポジトリに直接コミットするのではなく、CIのビルドプロセスの一部としてインストールすることもできます。 この方法は、リポジトリに大きなファイルを残さないようにすることができるため、大規模なHotfixの場合に最適です。

CIサービスがビルドプロセス中に自動的に適用することができるようにするために、ホットフィックスのコンマ区切りのリストを LCP_CI_LIFERAY_DXP_HOTFIXES_{ENV} 環境変数に追加します(DXP Cloudコンソールの [環境変数] タブ、または、 ci サービスの LCP.jsonファイルを介して)。

注釈

この環境変数を「ci」サービスの「LCP.json」に追加した場合、アップデートを完了するには、「ci」サービスを infra 環境 にデプロイする必要があります。

次の例では、 LCP.json ファイルに通してホットフィックスを定義しています:

"env": {
    "LCP_CI_LIFERAY_DXP_HOTFIXES_COMMON": "liferay-hotfix-10-7210,liferay-hotfix-17-7210",
    "LCP_CI_LIFERAY_DXP_HOTFIXES_DEV": "liferay-hotfix-15-7210,liferay-hotfix-33-7210",
}

注釈

この環境変数は、少なくともバージョン4.x.xのサービスにアップグレードしている場合にのみ利用できます。 バージョン確認の詳細については、 サービススタックのバージョンについて を参照してください。

ライセンスのデプロイ

独自のライセンスは、Liferay DXPサービスディレクトリ内の configs/{ENV}/deploy/ フォルダに入れることで追加できます。

例えば、Liferay DXPサービスディレクトリに次のような構造でライセンスを開発環境に追加できます:

liferay
  ├── LCP.json
  └── configs
      └── dev
          ├── deploy
          │   ├── license.xml
          │   └── license.aatf
          ├── osgi
          ├── patching
          └── scripts

バックグラウンドで、XMLライセンスは $LIFERAY_HOME/ deployにコピーされ、AATFライセンスは $LIFERAY_HOME/ dataコピーされます。

注釈

バージョン3.x.xのサービスを使用している場合、ライセンスはリポジトリの「lcp/liferay/license/{ENV}/」フォルダに置かれます。 バージョン確認の詳細については、 サービススタックのバージョンについて を参照してください。