Documentation

Liferay DXPサービスの設定

Liferay DXPを設定するには、 DXPシステム設定 や、 configpropertyファイル を使用するなど、いくつかの方法があります。 DXP CloudのLiferay DXPインスタンスのDXPプロパティおよび設定ファイルは、リポジトリのLiferay DXPサービスディレクトリにあるconfigs/フォルダのいずれかに配置することでデプロイされます。

liferay
├── configs
│   ├── common
│   ├── dev
│   ├── local
│   ├── prd
│   └── uat
└── LCP.json

common/ディレクトリを除き、特定の環境フォルダ(devuatprodなど)に追加された変更は、対応する環境にデプロイするときに のみ 伝播されます。 common/ディレクトリに追加された変更は、ターゲットのデプロイ環境に関係なく、 常に デプロイされます。 これは、すべてのサービスにおいて、 configs/ ディレクトリ内のすべてのサブフォルダに適用されます。

注釈

バージョン3.x.xのサービスを使用している場合、これらの設定ファイルは適切なlcp/liferay/config/{ENV}/フォルダに属しています。 バージョンの確認方法については, サービススタックのバージョンについて を参照してください。

ポータルプロパティ

ポータルプロパティ は、 portal-ext.properties ファイルに保存されたプロパティです。 これらは、Liferay DXP環境の設定に使用されます。

オンプレミスのLiferay DXPインスタンスの場合、このファイルは $LIFERAY_HOMEの中に属します。 Liferay DXP Cloudを使用する場合、ポータルプロパティファイルを適切な configs/{ENV} フォルダに配置して、デプロイ時にLiferay DXPインスタンスの $LIFERAY_HOME にコピーします。

例えば、開発環境のプロパティは、 configs/common ディレクトリのプロパティファイルと、 configs/dev ディレクトリのプロパティから構成されています。 同名のファイルがある場合は、環境固有のディレクトリにあるファイルが、 共通の ディレクトリにあるファイルを上書きします。

注釈

バージョン3.x.xのサービスを使用している場合、これらの設定ファイルは適切なlcp/liferay/config/{ENV}/フォルダに属しています。 バージョンの確認方法については, サービススタックのバージョンについて を参照してください。

ポータルプロパティを複数のファイルに分割する

デフォルトでは、Liferayは portal-ext.properties ファイルのみから直接プロパティを読み取りますが、環境固有のファイルなど、リポジトリ内の異なるファイルにプロパティを整理しておくと便利です。 ポータルプロパティを上書きするために、追加のファイルを定義することができます。

  • portal-all.properties:環境全体でLiferay DXPを変更するプロパティが含まれています

  • portal-env.properties:現在の環境にのみ影響するプロパティが含まれます(たとえば、環境ごとに異なる外部サービスの認証情報とURLエンドポイント)

これらのファイルを使用するには、 portal-ext.properties ファイルが、 portal-all.properties および portal-env.properties を、 include and override プロパティを使用して、明示的にインポートする必要があります。

include-and-override=/opt/liferay/portal-all.properties
include-and-override=/opt/liferay/portal-env.properties

そして、以下のような構造でプロパティを整理することができます:

liferay
├── configs
│   ├── common
│   │   ├── portal-ext.properties
│   │   └── portal-all.properties
│   ├── dev
│   │   └── portal-env.properties
│   ├── local
│   │   └── portal-env.properties
│   ├── prd
│   │   └── portal-env.properties
│   └── uat
│       └── portal-env.properties
└── LCP.json

portal-ext.propertiesportal-all.propertiesファイル は、すべての環境で共有されます。 そこに共有のプロパティを追加し、それぞれの portal-env.properties ファイルに環境固有のプロパティを追加することができます。 詳細については、 Portal Property Priority を参照してください。

注釈

ポータルプロパティは、環境変数として定義することもできます。 詳しくは 環境変数リファレンス をご覧ください。

OSGiの構成

OSGi構成(.cfg または .config ファイル)は、Liferay DXPでOSGiコンポーネントを構成するために使用されます。

これらの構成ファイルは、 $LIFERAY_HOME内の osgi/configs/ フォルダに属しています。 Liferay DXP Cloudを使用する場合、これらのファイルを適切な config フォルダに配置して、デプロイ時にLiferay DXPインスタンスの configs/{ENV}/osgi にコピーします。

注釈

バージョン3.x.xのサービスを使用している場合、OSGiの設定ファイルはLiferayサービスディレクトリ内の適切なconfig/{ENV}/フォルダに属します。 バージョン確認の詳細については、 サービススタックのバージョンについて を参照してください。

Tomcatの設定

適切な環境の liferay/configs/{ENV} フォルダにファイルをデプロイして、LiferayサービスのTomcatサーバーを設定し、設定ファイルを上書きします。 例えば、Liferayコンテナのファイルシステムにある {TOMCAT HOME}/conf/web.xml ファイルを上書きするには、カスタマイズしたファイルをリポジトリの適切な liferay/configs/{ENV}/tomcat/conf/ フォルダに配置して、変更をデプロイします。

注釈

DXPクラウドのLiferayコンテナには、一般的なtomcatフォルダと、バージョン管理された「tomcat-x.x.x」フォルダの2つのtomcatフォルダが存在します。 tomcatフォルダは、バージョン管理されたtomcat-x.x.xフォルダへのシンボリックリンクを持っているので、一般的なtomcatフォルダ内のファイルを上書きすると、新しいファイルが両方のフォルダに反映されるようになっています。

警告

デフォルトのTomcatの設定を上書きする際には、DXP CloudのLiferayサービスは、クラウドプラットフォーム上の閉じられたネットワークに存在することに留意してください。 オンプレミスのLiferayインストールで変更可能なネットワーク構成の中には、クラウド環境ではデフォルト値から変更できないものや、お客様の環境で問題が発生する可能性のあるものがあります。

環境変数

DXP CloudのLiferayサービスでは、JVMメモリ設定やデータベース接続設定など、オンプレミスインスタンスと異なる一部の構成の代わりに、環境変数(またはシークレット)を使用します。 環境変数は、 override or replace portal properties にも使用できます。

詳しくは、 Liferayサービス環境変数 を参照してください。