Documentation

サポートアクセス

サポートアクセスは、LiferayエンジニアがDXP Cloudプロジェクトに直接アクセスできるようにすることで、トラブルシューティングを促進するオプションの設定です。 DXP Cloud管理者は、環境ごとにサポートアクセスを有効または無効にできます。 たとえば、管理者は開発環境ではサポートアクセスを有効にできますが、本番環境ではサポートアクセスを無効にできます。

注: サポートアクセスは、各環境でデフォルトで有効になっています。

サポートアクセスが有効な場合、Liferayサポートエンジニアは以下の情報への読み取りアクセス権を持ちます。

  • プロジェクトコンソール

  • サービスログ

  • コントロールパネルの設定

  • DXP Cloudサービスがホストされているリージョン

  • チームメンバーとそれに関連する役割

  • メンバーの活動

注: サポートアクセスを設定できるのは、プロジェクト管理者のみです。 サポート・アクセス は、Liferayサポート・エンジニアがプロジェクト内でアセットを配置したり、書き込みアクションを実行したりすることを許可しません

サポートアクセス設定の変更

サポートアクセスは各環境でデフォルトで有効になっていますが、管理者はいつでも無効にできます。

サポートアクセス設定を変更するには、次の手順に従います。

  1. 設定サポートアクセスに移動します。

  2. トグルスイッチを希望の設定に設定します(有効 または 無効)。

図1:管理者はサポートアクセスを有効または無効にできます。

アクセスをサポートするための変更の監視

アクセスをサポートするための変更は、誰がいつその変更を行ったかをリストする新しいアクティビティを登録します。 これらの活動は、 アクティビティ一般に表示されます。 DXP Cloudは、サポートアクセス設定が変更されると、すべてのチームメンバーにメールを送信します。

図2:一般的なアクティビティパネルには、アクセスをサポートするための変更が表示されます。

図3:サポートアクセスの設定が変更されると、メールで全員に通知されます。