Documentation

ステージ3:データバックアップのアップロードとリストア

Liferay DXPデータベースとドキュメントライブラリが互換性のある形式になったので、次の段階では、それらをまとめて1つのバックアップとしてDXP Cloudにアップロードし、選択した環境にリストアすることになります。

バックアップのアップロード

まず、選択した環境の backup サービスにデータをアップロードする必要があります。 これにより、新しいバックアップが作成され、その後復元することができます。

警告

バックアップのアップロードは、ファイルサイズやインターネット接続速度によって、数分から数時間かかることがあります。 アップロードの進行中は、backup サービスは他のバックアップを作成、復元、削除することができません。 アップロードが終了するまで、処理が滞らないように、アップロード中のウィンドウを閉じたり、端末をスリープ状態にしたりしないでください*。

バックアップのページでバックアップをアップロードします。

  1. DXP Cloudコンソールで、選択した環境に移動し、左側のメニューから Backups をクリックしてください。

    Backups画面に移動し、データをアップロードします。

  2. バックアップ]ページで、画面上部の Upload Backup...をクリックします。画面上部の をクリックします。

  3. 先に作成したデータベースダンプとドキュメントライブラリアーカイブ を、それぞれのボタンをクリックして追加します

    ボタンをクリックすると、データベースとドキュメントライブラリが新規バックアップとしてアップロードされます。

    注釈

    データベースダンプとドキュメントライブラリのアップロードは、合計で2 TBを超えないようにしてください。 大きなファイルをアップロードする場合は、 DXPクラウドサポートにお問い合わせください

  4. Initiate Upload をクリックし、アップロードが完了するのを待ちます。

アップロードが完了すると、「バックアップ」ページのリストの一番上に、お客様のデータが入った新しいバックアップが用意されます。

バックアップを復元する

Backupsページでアップロードして作成したバックアップを復元します。

  1. Restore to...をクリックします。 をクリックすると、正しいバックアップが表示されます。

    Restore to アクションをクリックすると、正しいバックアップのリストアページに移動します。

  2. バックアップの復元先として適切な環境をドロップダウンメニューから選択します。

    バックアップの復元先として正しい環境を選択します。

    警告

    ターゲット環境を正しく選択してください。 バックアップを復元すると、対象環境のデータベースとLiferayのデータストレージはバックアップのデータで上書きされ、上書きは元に戻せなくなります。

  3. Restore to Environment をクリックし、バックアップのリストアが完了するのを待ちます。

    警告

    バックアップのリストア中にターゲット環境が利用できなくなる。

バックアップのリストアが完了すると、ターゲット環境には、アップロードしたデータベースとドキュメントライブラリの同じデータが存在します。

ちなみに

対象環境のトップバーにある Visit Site をクリックすると、DXP Cloud 上の Liferay DXP インスタンスの状態を確認することができます。

次のステップ

これで、DXPクラウド上でLiferayのインスタンスが立ち上がり、データが表示されるようになりました。 次に、 Liferay DXPの設定やカスタマイズ をクラウド環境に移行します。