Documentation

第6ステージ検索設定の移行

Webサーバーの構成がDXP Cloudに展開されたので、次の移行段階として、検索構成の移行を行います。 検索エンジンをElasticsearchに移行し、Elasticsearchの設定ファイルやプラグインをすべてDXP Cloud環境にデプロイする作業が必要です。

検索エンジンをElasticsearchに移行する

オンプレミス環境でElasticsearchを使用していない場合は、Elasticsearchに移行してから進めてください。

Elasticsearchへの移行は、インストールしてからLiferayのインストールと接続することになります。 詳しくは、 Elasticsearch入門 をご覧ください。

ちなみに

Elasticsearchへの移行についてお困りの方は、 DXPクラウドサポート までご連絡ください。

設定とシェルスクリプトを整理する

注釈

特定のElasticsearchの設定やスクリプトを整理する必要がない場合は、このステップをスキップしてください。

先に クローンしたプロジェクトリポジトリから search/configs/{ENV} フォルダ(DXP Cloud環境に対応)に移動して、Elasticsearch設定ファイルやシェルスクリプトをこのパターンで適切な環境のフォルダに配置します。

  • Elasticsearchの設定ファイルを search/configs/{ENV}/config/に入れる。

  • すべてのカスタムシェルスクリプトを search/configs/{ENV}/scripts/に配置する。

search サービスが再展開されるたびに、該当フォルダー内のすべてのカスタムシェルスクリプトが実行されます。

ちなみに

Elasticsearchの設定ファイルがどのようなものかは、設定例 here をご覧下さい。

検索プラグインを追加する

注釈

追加するプラグインがない場合は、このステップをスキップしてください。

まず、DXPクラウドにデフォルトでインストールされているプラグインの一覧を確認します。

  1. DXPクラウド環境で、本番環境(prd)に移動します。

    コンソール画面上部のドロップダウンから本番環境へ移動します。

    本番環境には、プレインストールされたすべてのElasticsearchプラグインが含まれています。

  2. search サービスに移動し、 Shell タブをクリックします。

  3. シェルで、次のコマンドを実行します。

    bin/elasticsearch-plugin list
    

コマンドを実行すると、シェルはプリインストールされているすべてのElasticsearchプラグインを一覧表示します。

リストにない検索プラグインをお持ちの場合は、DXP Cloud プロジェクトのリポジトリに追加してください。

  1. リポジトリで、 search/LCP.json ファイルを開いてください。

  2. 環境変数LCP_SERVICE_SEARCH_ES_PLUGINS にプリインストールのプラグインに追加したい検索プラグインをカンマ区切りで追加してください。

    例えば、 analysis-kuromoji プラグインをインストールするには、以下の環境変数を追加してください。

    "env: {
        "LCP_SERVICE_SEARCH_ES_PLUGINS": "analysis-kuromoji"
    }
    

ビルドの作成とデプロイ

次に、これらの変更を含むビルドを作成し、デプロイして、DXP Cloud 環境に適用します。

変更を伴うJenkinsビルドの作成

Gitがインストールされている端末でGitコマンドを実行し、変更内容を送信します。

  1. 変更したファイルをGitに追加します。

    git add .
    
  2. 変更内容とメッセージを添えてコミットしてください。

    git commit -m "DXP Cloud Migration Stage 6"
    
  3. 変更をGitHubにプッシュします。

    git push origin master
    

プロジェクトはGitHubのリポジトリにリンクされているため、変更をプッシュすると自動的にビルドが作成されます。 ビルドが完了するのを待ってから、次に進みます。

ビルドを選択した環境にデプロイする

最後に、 DXP Cloud Console を使用して、完成したビルドを選択した環境にデプロイします。

  1. DXP Cloud Consoleで、Buildsページに移動します(ページ上部のリンクを使用します)。

  2. リストの中から前回作成したビルドを探し、[アクション]メニューから Deploy build to をクリックします。

    ビルドのActionsメニューでデプロイします。

  3. ビルドをデプロイする環境を選択します(例: acme-dev)。

  4. 以下の情報を読み、確認ボックスを選択して、展開結果を確認します。

    チェックボックスにチェックを入れ、準備ができたらビルドをデプロイしてください。

  5. Deploy Build をクリックします。

ビルドは選択した環境にデプロイされ、 search サービスが再起動すると、選択した環境にElasticsearchの設定、シェルスクリプト、プラグインが適用されます。

次のステップ

これで、DXPクラウド環境へのElasticsearch構成の移行は完了です。 次に、 VPNサーバーの設定と接続を行います.