Documentation

ステージ2:データバックアップファイルの作成

オンプレミス環境とDXPクラウド環境でLiferayのバージョンが一致したので、インストールしたデータを移行するための準備をする必要があります。 この段階では、データベースダンプの作成、ドキュメントライブラリストアの移行、ドキュメントライブラリのアーカイブへの圧縮が行われます。

警告

DXPクラウドサポートに連絡せずに次のステップでアップロードするには、データベースダンプと(圧縮)ドキュメントライブラリアーカイブの合計サイズが2TBを超えてはいけません。

データを凍結する

データのバックアップファイルを作成する前に、Liferayインスタンスのデータをフリーズさせるためのウィンドウを手配する必要があります。 これにより、バックアップをとっている間にデータが失われることを防ぎます。 データベース管理者と調整し、データベースとドキュメントライブラリを凍結して移行するためのウィンドウを予約します。

データベースをMySQLに変換する

データベースがMySQL 5.7と互換性があることを確認してください。 DBeaver のようなツールを使用して、他のデータベース形式をMySQLに変換することができます。

データの整合性を確保するために、変換の前後にデータベース管理者と調整します。 変換したデータベースを ローカルのLiferayインストールに接続してテストします 次に進む前に、変換したデータベースをテストします。

データベースダンプの作成

注釈

Windows(OS)をお使いの場合、圧縮ファイルのパック/アンパックのコマンドを実行するために、ファイル圧縮ソフトが必要です。 7-zip などのファイル圧縮ソフトをインストールして行ってください。

データベースがMySQL形式になったので、データベースサーバーで次のコマンドを実行します。 # はそれぞれデータベースユーザーとパスワード、 lportal は必要ならデータベース名で置き換えてください。

Linux、MacOSの場合(1コマンド):

mysqldump -u### -p### --databases --add-drop-database lportal | gzip -c | cat > database.gz

Windowsの場合(2コマンド)。

mysqldump -u### -p##### --databases --add-drop-database lportal > database.sql
7za a -tgzip database.gz database.sql

サーバーは、 database.gzという名前の圧縮されたデータベースダンプファイルを作成します。

ドキュメントライブラリーをファイルシステムストアに移行する

ドキュメントライブラリがファイルシステムストアではないファイル保存方法(Amazon S3StoreやDBStoreなど)を使用している場合、先にファイルシステムストアに移行する必要があります。 Simple File System StoreまたはAdvanced File System Storeのいずれかを使用することができます。

重要

Advanced File System Store では、より簡単に大規模なデータセットに拡張できるフォルダ構造を採用しています。 アドバンストファイルシステムストアへの移行は、長期的にドキュメントライブラリのより多くのファイルを収容するために推奨されており、あらゆる実稼働環境において必須です。

文書ライブラリを移行する手順については、 ファイルストア移行 を参照してください。

変更を伴うJenkinsビルドの作成

Liferayのローカルインストールを移行した後、 portal-ext.propertiesに変更してDXP Cloud環境にもビルドを作成し、デプロイする必要があります。 ドキュメントライブラリストアの移行が必要ない場合は、環境に対する変更を展開する必要はありません。

Gitがインストールされている端末でGitコマンドを実行し、変更内容を送信します。

  1. 変更したファイルをGitに追加します。

    git add .
    
  2. 変更内容とメッセージを添えてコミットしてください。

    git commit -m "DXPクラウドマイグレーション ステージ2"
    
  3. 変更をGitHubにプッシュします。

    git push origin master
    

プロジェクトはGitHubのリポジトリにリンクされているため、変更をプッシュすると自動的にビルドが作成されます。 ビルドが完了するのを待ってから、次に進みます。

ビルドを選択した環境にデプロイする

最後に、 DXP Cloud Console を使用して、完成したビルドを選択した環境にデプロイします。

  1. DXP Cloud Consoleで、Buildsページに移動します(ページ上部のリンクを使用します)。

  2. リストの中から前回作成したビルドを探し、[アクション]メニューから Deploy build to をクリックします。

    ビルドのActionsメニューでデプロイします。

  3. ビルドをデプロイする環境を選択します(例: acme-dev)。

  4. 以下の情報を読み、確認ボックスを選択して、展開結果を確認します。

    チェックボックスにチェックを入れ、準備ができたらビルドをデプロイしてください。

  5. Deploy Build をクリックします。

ビルドは選択した環境にデプロイされ、 portal-ext.properties への変更は liferay サービス再始動の際に適用されます。

重要

バックアップからデータをリストアする場合、ある環境のバックアップが動作するように、DXP Cloud上のすべての環境が同じドキュメントライブラリの実装を使用する必要があります。ビルドをすべての環境に配備して、すべての環境で移行したドキュメントライブラリストアが正しく使用されていることを確認する必要があります。

ドキュメントライブラリの圧縮

文書ライブラリのあるサーバーで、以下のコマンドを実行し、アップロード用に文書ライブラリを圧縮します。

Linux、MacOSの場合(2コマンド)。

cd $LIFERAY_HOME/data
tar -czvf volume.tgz document_library

Windowsの場合(3コマンド)。

cd $LIFERAY_HOME\data
7za a volume.tar document_library
7za a volume.tgz volume.tar

これで、 volume.tgzという圧縮されたドキュメントライブラリのアーカイブができました。

次のステップ

これで、2つのファイル(database.gzvolume.tgz)ができ、DXP Cloud 環境に適用する準備が整いました。 次に、これらのファイルを使って、 データのバックアップ をアップロードし、リストアすることになります。