Documentation

チームコラボレーション & アクセスコントロール

管理者は、DXP Cloudプロジェクトでチームメンバーとその役割を管理できます。 各環境には一意のメンバーを含めることができ、各メンバーはその環境でのアクセスレベルに一致するロールを割り当てることができます。 チームメンバーがさまざまな環境でさまざまな役割を持つことも可能です。

ここでは、次のトピックについて学習します。

チームメンバーの管理

次の手順に従って、環境にユーザーを招待します。

  1. 環境の左側のメニューで[ チーム ]タブをクリックします。

  2. Email フィールドにユーザーのメールを入力します。

  3. Role メニューを使用して、ユーザーに割り当てるロールを選択します。 これらの役割は、環境でのユーザーのアクセスレベルを設定します。 詳細は、 チームの役割を理解するを参照してください。

  4. [ Send Invite]クリックします。

現在および招待されているチームメンバーは、[ メンバー テーブルの個別のタブに表示されます。 それぞれの アクション ボタンを使用してチームメンバーを管理できます。 これにより、チームメンバーの役割を変更したり、チームからメンバーを削除したりできます。

図1:[チーム]タブにはチームメンバーが表示され、新しいメンバーを招待できます。

図2:[アクション]ボタンを使用して、各チームメンバーを管理します。

チームの役割について

管理者: DXP Cloudプロジェクトとそのメンバーを完全に制御します。 管理者には以下の独占的な許可があります:

  • オートスケーリングを有効/無効にする

  • サービスを手動でダウンスケールする

  • バックアップから復元

  • ユーザーの役割を変更する

  • メンバーをプロジェクトに招待する

  • プロジェクトからメンバーを削除する

  • サポートアクセスの有効化/無効化

  • サービスを削除する

貢献者: アプリケーション管理と開発ライフサイクルのほとんどを処理できますが、チームメンバーを管理したり、他の管理者限定のアクションを実行したりすることはできません。 貢献者は以下の権限があります。

  • バックアップを開始する

  • VPN設定を変更する

  • サービスを再開する

  • ビルドをデプロイする

  • プロジェクトから自分自身を削除する

ゲスト: 表示のみのアクセス権があります。 ゲストはプロジェクトで何が行われているのかを確認できますが、アクションを実行したり、変更を加えたりすることはできません。 プロジェクトから自分自身を削除する権限のみを持っています。