Documentation

割り当て

割り当ては、特定のDXP Cloudプロジェクトで使用可能なリソースの最大数です。 管理者は、プロジェクトの必要に応じて、リソースを使用するようにサービスと環境を設定できます。 (たとえば、実稼働環境には追加のCPUコアが割り当てられ、開発環境ではコアが少なくなる場合があります。

プロジェクトはそのリソースクォータのいずれかに到達すると、あることに注意することが重要である 本番環境には影響しません。 しかし、そこになります 、一時 所定のクォータに達したリソースに応じて、一部の機能が失われます。 たとえば、20個のカスタムドメインの割り当てに達すると、管理者は新しいドメインを作成できなくなります。 メモリクォータに到達すると、メモリ不足エラーが発生し、デプロイメントが失敗する可能性があります。 リアルタイムアラート は、ユーザーがリソースクォータに達する前に通知されるように設定できます。

オートスケーリング が有効になっている場合、特定のしきい値に達しても、事前定義された割り当てにはカウントされません。

次のリソースは、クォータによって管理されています。

  • CPU

  • メモリ

  • カスタムドメイン

  • コラボレーター

  • コアの最大数

  • インスタンス

  • プロジェクトの最大数

  • サービスの最大数

  • 1日あたりの最大ビルド

  • サービスあたりのCPU

  • サービスごとの拡張

  • サービスあたりのメモリ

上記のリソース割り当ては、各サービスの lcp.json ファイルで設定できます。 LCP.jsonよる設定の記事を参照してください。

リソースのクォータの増加を要求するには、 ヘルプセンターのチケットを開いてください。