Documentation

DXP Cloud環境について

DXP Cloudプロジェクトには、それぞれ異なる目的(開発、ステージング、本番など)のための複数の環境を含めることができます。 各環境には、プロジェクトIDと環境IDを加えた一意の名前があります。 たとえば、 acme という名前のプロジェクトのステージング環境と本番環境には、それぞれ acme-uat および acme-prdという名前を付けることができます。

警告

一度環境名と場所を決めてしまうと、自動的に名前を変更したり、別の場所に変更したりすることはできません。 このような動作が必要な場合は、サポートにご連絡ください。

このネーミング接続にもかかわらず、各環境は独立しています。 これらは プライベートネットワーク によって分離されており、同じ環境のサービスがパブリックインターネットにアクセスする必要なく安全な方法で通信できるようにします。

左上のセレクターメニューからこれらの環境にアクセスできます。

図1:このセレクターメニューからプロジェクトの環境にアクセスできます。

環境の場所

異なる環境を異なるリージョンに配置できます。 例えば、ヨーロッパにエンジニアリングチームを持ち、北米にほとんどの顧客を持つ企業は、開発環境をフランクフルトに、生産環境をオレゴンに置くことができます。 ユーザーのリクエストに近い場所に配置すると、ネットワークの待ち時間が短縮されます。

これは、現在利用可能なDXP Cloudリージョン リストです。

図2:環境はさまざまな場所でホストできます。

環境タイプ

環境タイプは、環境設定を区別する分類です。 2つの環境タイプがあります。

  • 本番環境

  • 開発環境

これらの環境タイプは、価格と計算能力が異なるだけでなく、バックアップサービスとデータベースサービスの機能も異なります。

本番環境

  • バックアップ:データは任意の環境にバックアップおよび復元できます。

  • データベース:データは複数のアベイラビリティーゾーンで複製され、拡張IOPSが含まれています。

開発環境

  • バックアップ:データはこれらの環境にのみ復元できます。

  • データベース:データは単一のアベイラビリティーゾーンに存在し、通常のIOPSが含まれています。

図3:環境のタイプが[設定]に表示されます。