Documentation

ストアメール

Liferay Commerceは、さまざまな店舗イベントによってトリガーされるメール通知を送信するように構成できます。 テンプレートはカスタマイズ可能で、メールの内容を定義します。 単一のイベントを設定して、さまざまな対象者(顧客、販売代理店、管理者)にメールを送信し、各当事者に固有のテンプレートを使用できます。

注釈

Liferay Commerceの通知機能を使用するには、最初にLiferay Digital Experience Platform(DXP)のメール設定を構成します。 詳細は、 メールサーバーへの接続 を参照してください。

ストアメール通知の構成

Liferay Commerceのメール設定が構成されたら、 [コントロールパネル] → [コマース] → [チャネル] に移動して、ストアのメール通知設定を作成します。 メール通知は チャネルごとに構成されます。 使用 加速器 あなたが開始するための店、カタログ、およびチャネルを作成します。

利用可能な通知テンプレート

イベントトリガー

メール通知をトリガーできるイベントは10個あります。 対応する標準の通知テンプレートの1つを使用して、標準化されたメール通知を作成します。

通知タイプ

イベント

注文済み

ストアは注文を受けました。

注文処理

ストアは注文の処理を開始しました。

発送待ちの注文

注文の発送準備が整いました。

部分的に出荷された注文

アイテムが個別に発送される場合は、お客様に通知されます。

発送済み

注文は発送されました。

注文完了

注文が完了しました。お届けしました。

サブスクリプションが更新されました

サブスクリプション(定期注文)が更新されました。

サブスクリプションがアクティブになりました

サブスクリプションがアクティブになりました。

サブスクリプションが一時停止されました

サブスクリプションは、ストアによる保留中のレビューまたはアクションを一時停止しています。

サブスクリプションがキャンセルされました

サブスクリプションはキャンセルされました。

利用可能な通知テンプレート

通知キューの表示

チャネルの 通知キュー ですべてのメール通知を表示できます。 ここでは、イベントによってトリガーされたメールのステータスを確認できます。

メッセージキュー

デフォルトでは、システムは未送信の通知がないか15分間隔で通知キューをチェックします。 チェック間隔の変更の詳細は、 コマース通知キュー 設定の記事を参照してください。

メール通知テンプレートのカスタマイズ

独自のテキストとプレースホルダー値を使用して通知テンプレートをカスタマイズし、 Email Settings および Body フィールドのキー値を置き換えることができます。 キーの値には、顧客の名前、注文ID、配送先と請求先の住所、注文のアイテムのリストが含まれます。

たとえば、「Email Body」フィールドには次のものが含まれます。

[%ORDER_CREATOR%]様、

お客様のご注文 [%ORDER_ID%] は [%ORDER_SHIPPING_ADDRESS%]に出荷されました。

変数は、メールの送信時に関連するコンテンツに置き換えられます。

詳細は、 通知テンプレート変数リファレンスガイド 記事を参照してください。

注文通信履歴の表示

注文に関連するメール通知は追跡され、注文を表示するときに[Emails]タブで確認できます。 [コントロールパネル] → [コマース] → [注文] に移動します。 注文IDをクリックし、次に[Email]タブをクリックします。 詳細は、 注文情報 を参照してください。

メッセージログは注文情報にあります。