Documentation

割引について

割引は [グローバルアプリケーション] → [コマース] の [割引] メニューで作成されます。 ユーザーは、次のような複数の割引タイプとインセンティブを作成できます。

  • 特定の商品の価格を下げる

  • 送料無料を提供

  • 特定のアカウントグループ、またはより狭く定義された顧客グループへの割引の調整

  • 一定期間プロモーションをスケジュールする

ちなみに

割引は価格表とは異なります。 価格の詳細については、 価格の概要価格表の作成Using Price Tiersをご覧ください。

注釈

Commerce 2.1以前の場合は、[コントロールパネル]から[Commerce]に移動してください。 以前のバージョンの多くのコマース設定は、そこか、[サイト管理]にあります。

割引種類

以下の種類の割引が利用可能です。

割引種類

Description

カテゴリ

割引は、特定のカテゴリタグ付けされたすべての商品に適用されます。

商品

割引は、特定の商品または商品のリストに適用されます。

出荷

割引は、パーセントまたは一律の金額のいずれかで、送料に適用されます。

小計

注文の小計は、通常は税金やその他の手数料が適用される前に減額されます。

合計

割引は全体に適用されます。

商品グループ

割引は同じ商品グループ内のすべての商品に適用されます。

割引種類を選択します。

クーポンコード

選択した割引種類に関係なく、割引の対象となるクーポンコードを要求できます。 ユーザーはクーポンコードを指定して、メール、ニュースレター、または広告で共有できます。

クーポンコード機能をアクティブにし、この割引種類のクーポンコードを入力します。

クーポンコードを受け入れるには、 コマース・クーポンコード ウィジェットをストアのチェックアウトページにデプロイする必要があります。 (ストアサイトを構築するために Minium accelerator を使用した場合、チェックアウトページは自動的に作成されます。) この例では、顧客が注文を確認しながらクーポンコードを入力できるように、 コマース・クーポンコード ウィジェットがページに配置されています。

コマース・クーポンコードウィジェットをチェックアウトページに配置します。

顧客がクーポンコードを入力して割引を適用すると、割引は更新された注文概要に反映されます。

適用されると、割引は注文概要に反映されます。

レート割引

ユーザーは、パーセンテージに基づいて、すべての割引種類にレート割引(レベル)を提供できます。 たとえば、顧客が期限前に購入した場合、レベル1として20%割引の基本割引を設定し、レベル2としてさらに5%割引を提供できます。

割合に基づいて割引の異なるレベルを設定します。

有効期限

すべての割引は、プロモーション活動と一致する有効期限を持つように構成できます。

クーポンコード機能をアクティブにし、この割引種類のクーポンコードを入力します。

割引ルール

割引の対象となる要件を指定するルールを定義できます。 ルールには次の3つのタイプがあります。

ルール

説明

カートの合計金額

カートの小計は、割引を受けるための最小しきい値を満たしている必要があります。

これらの製品をすべて所有

割引を受けるには、注文に特定のすべての商品が含まれている必要があります。

これらの製品のいずれかを所有

注文には、割引を受けるために、指定された商品のリストから少なくとも1つの商品が含まれている必要があります。

割引ルールは、 [ルール] タブに追加されます。 また、開発者は可能 新しい割引ルール実装することも可能です。

割引ルールを追加します。

Has all of these products] または [Has one of these products] 割引ルールを使用する場合は、カタログ内のどの商品が割引の対象となるかを選択します。

割引ルールタイプのドロップダウン

顧客が対象商品を選択すると、どのルールを選択したかに応じて商品に割引が適用されます。

次のステップ