Documentation

プロモーションを作成する

以下の手順で、 Promotion を作成し、 Catalog の全製品の価格を7月4日に20%引き下げることができます。 アカウント , アカウントグループ , チャンネル , オーダータイプ のすべてがこのプロモーションの対象となります。

  1. グローバルメニュー(Applications Menu icon) を開き、 commerceプロモーション をクリックします。

    グローバルメニューの「プロモーション」をクリックし、新しいプロモーションを作成します。

  2. 追加 ボタン (Add icon) をクリックし、次の情報を入力します。

    名称 4th of Julyプロモーション

    カタログ: Minium

    通貨: USD

    新しいプロモーションの名前、カタログ、通貨を入力します。

  3. Submit] をクリックします 。

選択したカタログに新しいプロモーションが作成されます。 ベースプロモーションリスト というカタログがすでに用意されていることに注目してください。 詳しくは、 プロモーションベースリストの使用 をお読みください。

プロモーション名の変更、優先順位の割り当て、 親価格表 の選択、 価格タイプ の選択が可能です。

詳細」では、プロモーション名の変更、優先度の割り当て、親価格表と価格タイプの選択が可能です。 7月4日のプロモーションなので、Scheduleの項目からPublish DateとExpiration Dateを選択し、スケジュールを設定することができます。 Publish をクリックし、プロモーションを有効にします。 1つのアカウントに複数のプロモーションが適用される場合、より優先順位の高いプロモーションが優先されます。 特定のフィールドの詳細については、 プロモーション参照 を参照してください。

プライスモディファイアの追加

この例では、プロモーションによって、カタログに掲載されているすべての商品の価格が20%引き下げられます。 そのためには、Price Modifierを追加する必要があります。

  1. Price Modifiers タブをクリックします。

  2. 追加 ボタン (Add icon) をクリックし、以下の情報を入力します。

    名称 20%オフ

    ターゲット: カタログ

    修飾子: パーセント

    新しい価格修正項目の名前、ターゲット、修正項目を入力します。

  3. 送信] をクリックします 。

注釈

プロモーション自体に有効期限が設定されている場合は、価格修飾子に有効期限を設定する必要はありません。

ここで、新しいPrice Modifierを設定する必要があります。 リストから項目をクリックし、パーセンテージの金額を「-20」と入力します。 その後、 Active のトグルでアクティブにします。 その後、 保存 をクリックし、 公開 をクリックします。 詳しくは、 Price Modifiers Reference をご覧ください。

プライスモディファイアを設定し、アクティベートする。

これによりキャンペーンが発動し、予定日にカタログ掲載の全商品が20%値下げされます。 有効な割引がある場合は、割引後の価格に計算されます。 特定の製品を対象としたプロモーションを行う場合は、「Entries」タブでエントリーを追加し、その価格を設定します。 また、 Tiered Pricing または Bulk Pricing をここで設定することができます。 詳しくは、 エントリーの追加 をご覧ください。

予定日にカタログ掲載の全商品を20%値下げします

追加情報