Documentation

サイトダッシュボード

Liferay Analytics Cloudでは、ワークスペース内の各プロパティに対してサイトダッシュボードを提供しています。 例えば、 プロパティを作成する場合 各プロパティは、1つのサイトに関連付けることも、複数のサブサイトからデータを集約するように設定することもできます。

ダッシュボードを表示するには

  1. メニューの[タッチポイント]セクションにある [Sites] をクリックします。

  2. Overview] タブをクリックします(Sitesをクリックすると、このタブがデフォルトで選択されます)。

ダッシュボードには以下のデータパネルが含まれています:

ダッシュボードの各パネルには、選択した期間のメトリクスを再計算する期間セレクターがあります。 以下の期間が使用できます:

注釈

直帰率、ページ滞在時間、出口などの一部の指標は、訪問者のセッション終了時間(30分間の非アクティブ状態またはサインアウト)を元に計算されます。 したがって、過去24時間以内の分析データは、セッションの終了後に表示されます。

Last 24 hours: 過去24時間に生成されたデータを表示します。

Last 7 days: 前の 7 日間(現在の日を除く)に生成されたデータを 1 日単位で表示します。

Last 30 days (default): 過去30日間(現在の日を除く)に生成されたデータを週単位で表示します。

Last 90 days: 過去90日間(現在の日を除く)に生成されたデータを15日単位で表示します。

More Preset Periods: 追加の時間帯を表示します:昨日、過去28日、過去180日、昨年。

期間を指定: 任意の開始日と終了日を選択します。

サイトアクティビティ

サイトアクティビティパネルでは、訪問者がどのようにサイトを利用しているかをまとめて表示します。 このパネルには、以下のメトリックが含まれています。

ユニークな訪問者: ユニークな総訪問者。

訪問者あたりのセッション数: 固有の訪問者ごとのセッション数の平均。 一人の訪問者が複数のセッションを開くことができます。 セッションが終了するのは、30分以上活動していない場合、または深夜になります。

セッション期間: 平均的なセッションが続く時間の長さ。

バウンス率: あなたのサイトの最初のページを表示したが、セッションが終了する前に他に何もしない訪問者の割合。

サイトアクティビティには、一定期間のデータポイントの視覚化が含まれます。

各メトリックをクリックすると、選択したメトリックを表示するためにパネル内の可視化が変更されます。

右下の凡例は、既知の訪問者と匿名の訪問者のユニークビジターの内訳を示しています。

Top Pages

[Top Pages] パネルには、訪問したページ、入り口のページ、出口のページが表示されます。

トップページ画面では、アクセスの多い順にページを一覧表示しています。

Visited Pages: あなたのサイトの最も訪問されたページと、それぞれの訪問者数。

Entrance Pages : サイトに入ってきた訪問者が最初に見る最も一般的なページと、それぞれの入り口の数です。

Exit Pages :サイトを離れるときに訪問者が見る最も一般的なページと、それぞれの終了率です。 終了率は、そのページがセッションの最後のページとなった訪問者の割合です。

より詳細なページアナリティクスを表示するには、パネル下の [View Pages] をクリックします。 または、スクリーン上部の[Pages]タブをクリックしてください。 どちらも、 Viewing Page Data で説明したページアナリティクスにつながります。

アクイジション

アクイジションパネルでは、訪問者がどのようにしてサイトにやってくるのかを総合的に把握することができます。 よりハイレベルな視点でデータを表示しています(つまり チャンネル)から、より詳細なレベル(すなわち 参照元)。 これらの異なるレベルで理解することは、より多くの情報に基づいたビジネス上の意思決定につながります。

このアクイジションパネルで、あなたのサイトへのさまざまなトラフィックソースを確認できます。

Channels: チャネルは、ユーザーがアクセスするソースの幅広いグループです。 例えば、異なる検索エンジンからのトラフィックは、すべてオーガニック検索としてグループ化されます。 その他の可能なチャネルは、ダイレクト、ソーシャル、メール、アフィリエイト、リファラル、ペイドサーチ、ディスプレイ、その他の広告です。 これらの異なるチャネルを特定した後、ACユーザーはデータをさまざまな方法で活用することができます。 例えば、オーガニック検索に関するチャネルデータは、検索順位を上げるためのSEO対策に応用できます。

Source | Medium: ソースは、訪問者の開始点です(たとえば、検索エンジン、Webサイトなど)。 Mediumは、トラフィックが来たリンクの種類(オーガニック、ppc、リファラル、メール、ソーシャルなど)を示す一般的なカテゴリーです。 このデータの内訳があると、とても便利です。 例えば、どのようなトラフィックが有料広告から来ているのかを見ることで、広告費用対効果を検証することができます。

Referrers: 別のWebページからのトラフィックの場合、WebページのURLはユーザーのWebブラウザーからリファラルとしてパスされます。

このレポートは、マーケティングキャンペーンでUTMパラメータを使用している場合に最適です。 UTMパラメータを使用すると、Analytics Cloudは訪問者がどこから来たか(特定のリファラーや広告キャンペーンなど)を判断することができます。

Visitors by Day and Time

日Visitors by Day and Timeパネルは、訪問者があなたのサイトに来た日と時間を視覚化します。 これは、あなたのサイトがいつ最もアクティブになるかを理解するのに役立ちます。 例えば、重要な情報を公開するタイミングや広告キャンペーンを行うタイミングを知るために利用することができます。

特化したチャートは、あなたのサイトが最も多く訪問されている時期を識別します。

パネルには、1つの軸に曜日、もう1つの軸に時間が表示されたグリッドがあります。 グリッド内の色の濃いセルは、対応する曜日と時間帯にサイトのトラフィックが多いことを示しています。 各セルのツールチップには、その日と時間の訪問者数が表示されます。

注釈

このパネルは、タイムゾーン設定の影響を受けず、Analytics Cloudユーザーのタイムゾーンに基づいて表示されます。

Search TermsとInterests

Search TermsパネルおよびInterestsパネルには、訪問者の最も一般的な検索用語と、訪問者が興味を持っているトピックがそれぞれ表示されます。 検索語は、あなたのサイトのURLの検索クエリパラメータから収集されます。 興味のあるトピックは、訪問者が閲覧するページのキーワード・メタデータから導き出されます。

一般的に使用されている検索用語は、期間をかけて提示されています。

なお、検索条件パネルは、設定でカスタマイズできる検索クエリパラメータに基づいています。

興味のあるトピックの全リストを表示するには、パネル下の [すべての興味] をクリックします。 または、スクリーン上部の[Interests]タブをクリックしてください。

Sessions by Location

Sessions by Locationパネルでは、訪問者があなたのサイトにアクセスする国が表示されます。 訪問者の多い国は、地図上では暗い影が濃くなっています。 地図の下には国名が表示され、それぞれの訪問者数と割合が表示されます。

マップ・ダイアグラム上の色付きシェーディングは、ユーザーの出身国をすばやく識別します。

Session Technology

Session Technologyパネルには、お客様のサイトを訪れたデバイス、OS、ブラウザが表示されます。 各グラフ要素のツールチップは、その要素のより詳細なデータを表示します。 デバイスたとえば、[Devices] タブで、バーグラフの各バーにマウスを合わせると、そのデバイスのオペレーティング・システム・データが表示されます。

この画面を使って、OS間でのユーザーの分布を確認することができます。

Cohort Analysis

Cohort Analysisパネルでは、特定のアクイジション日からの訪問者(コホート)に基づいて、 コホート分析 を表示し、特定の期間にサイトに戻ってきたかどうかを示します。

コホート分析を使用して、一定期間のユーザーグループの利用パターンを特定します。

パネルの左上にあるセレクタメニューを使用して、訪問者のタイプ(All, Anonymous, Known)と期間(Day, Week, Month)を選択します。

例えば、[すべての訪問者]と[日]を選択した場合、ある取得日の訪問者のうち、あなたのサイトに戻ってきた訪問者の割合が、その後の各日のチャートに表示されます。