Documentation

ページ参照

Page Analytics の表示データは、 Default EventsEvent Attributesに基づいています。 ページに関するイベントやイベント属性は次のとおりです。

ページイベント

  • pageDepthReached (関連イベント属性 - depth)

    • ユーザーがコンテンツをスクロールしたときに発生するイベント

    • ユーザーがどこまでスクロールしたかによって、コンテンツの関心度や網羅性を推定するために使用される

  • pageLoaded (関連イベント属性 - pageLoadTime)

    • ページが読み込まれたときに発生するイベント

    • ページの読み込み時間を計測するために使用

  • pageUnloaded (関連イベント属性 - viewDuration):

    • ユーザーがページから離脱したときに発生するイベント

    • ロードとアンロードの間の時間を測定するために使用される

  • pageRead (関連イベント属性 - page):

    • ユーザーがページを読んだときに発生するイベント(注:ページ内容の長さと予想される読了時間を仮定して計算されます。)

    • ページが読まれたことを示すために使用される

  • pageViewed (関連イベント属性 - page):

    • ページが訪問されたとき (すなわち、ページがロードされ、ユーザーがページを閲覧するために滞在したとき) に発生するイベントです。

    • ページが閲覧されたことを示すために使用される

  • ctaClicked (関連イベント属性 - elementId):

    • ユーザが対象要素をクリックしたときに発生するイベント

    • コールトゥアクションの要素がクリックされたかどうかを追跡するために使用されます。

ページイベント属性

  • depth: ユーザーがページのどこまでスクロールしたかを表す数値

  • pageLoadTime: ページがロードされるのにかかった時間を示すパフォーマンス指標です。

  • viewDuration: ページがロードされてからアンロードされるまでの経過時間

  • page: 閲覧したページのURL