Documentation

データのエクスポート

前述のように、すべてのAPIコールはデータのサブセットを返すだけで、そのスコープはページのクエリパラメータによって制御されます。 幸い、データセット全体をJSONファイルにエクスポートする方法があります。 最初のリクエストでデータファイルを用意し、エクスポート後に同じエンドポイントをフェッチしてデータ結果をストリームすることができます。

ユーザーは、前述の4つのリソースタイプ(アカウント、個人、セグメント、ページ)のデータエクスポートをリクエストできます。

データのエクスポートをリクエストする

curl -H "Authorization: Bearer {token}" -L https://analytics.liferay.com/api/reports/export/{type}

前述の通り、タイプはデータ型を定義します。 設定可能な値は次のとおりです: アカウント個人ページセグメント 。 したがって、セグメントデータのエクスポートに興味がある場合は、次のリクエストを送信します:

curl -H "Authorization: Bearer {token}" -L https://analytics.liferay.com/api/reports/export/segment

以下のようなレスポンスが返ってきます:

{"message":"The data export file is being created. Please come back later."}

最初のリクエストが行われた日から30分間は、同じデータエクスポートファイルが返されます。 その後、新しいリクエストに応じて、新しいデータエクスポートファイルが生成されます。 エクスポートジョブが完了すると、以下のコマンドでファイルをダウンロードできます:

curl -H "Authorization: Bearer {token}" -L https://analytics.liferay.com/api/reports/export/segment > segment-data.json